マーケティングオートメーションを成功に導くの運用方法

ツール導入効果を促進するキラーコンテンツの検討を!

マーケティングオートメーションを導入することで、自社が扱う商材やサービスに興味を抱く、潜在顧客の掘り起こしを自動化させることが可能になります。自社のホームページや、イベントなどから流入する見込客に対して、自動的に販促活動を推進することが、マーケティングオートメーションを導入することの目的です。自社が提供する各種の販売チャネルから多くの顧客を流入させ、どのように販促を進めるかを検討するには、流入経路となる販売チャネルに対し、顧客が魅力を感じるキラーコンテンツを配置することも大切です。いままでの営業経験により培われたノウハウをまとめ、どのようなコンテンツを配置すれば、顧客が興味を抱くかをまとめておきましょう。

商材やサービスに対するシナリオ構築を!

マーケティングオートメーションを導入するといっても、自社の営業スタイルに対しての影響は、自動的に見込客の掘り起こしを行えるだけということを認識しておくことも重要です。営業マンがテレマーケティングで掘り起こしを行い、クロージングを行うのと同様なシナリオを、ツール上に組み込んでおかなくては、成約へと結びつけることは難しくなっていきます。ツールの導入が決定した際には、自社の営業活動のプロセスを見直し、どのような形で成約に結びつけているかの検討を行い、マーケティングオートメーション用のシナリオを自社に構築しておきましょう。費用をかけてツールの導入を行っても、顧客が訪問するだけで、成約に結びつかなくては意味もありません。商材やサービスに対応した営業のシナリオを入念に検討しておきましょう。