マーケティングオートメーションツールの選び方

目的・予算・使い方で選ぶ

集客率アップや成約率アップに役立つツールとして知られるマーケティングオートメーションツールは、多くの企業や個人事業主に活用されています。見込み客をサイトに集め、成約率を高めるためのツールは、無料から有料まで多数存在しているため、目的に合わせて選びましょう。
ツールによってシンプルな機能から、求めていることが全てできるようになるものまで存在しています。支払い方法も毎月支払う月額払いから、ダウンロード販売までさまざまです。どんな機能の付いている物を求めているのか、自社でどれくらいの予算を組んでいるのかによって、選ぶツールが変わるでしょう。初めて使う場合にはシンプルな物のほうが、使いやすいといわれているため、参考にしてください。

短観よりも中長期的な結果を考えた戦略を

短期的な結果を求めてしまう企業担当者や上層部が少なくありませんが、マーケティングオートメーションを行うことは、中長期的な運用体制が必要です。半年から1年ほど考えた運用を心がけることで、ツールの結果は出てきます。目的や戦略を社内で話し合い、納得できる形で結果を出せるように戦略を練ることが集客率・成約率アップにつながるでしょう。
自社で提供しているサービスがBtoBか、BtoCかによって、使いやすいツールは変わります。自社のサービスが誰に向けてのものなのかによって、ツール選びを考えてください。
また、ツールによって実績あるものが少なくありません。ツールの実績を確認し、管理・運用のしやすいソフトを選ぶと、より納得出来る見込み客・成約率アップが期待出来るでしょう。